今注目の住宅ローンを徹底紹介いたします。

 トップページ  >>  コラム   >>  火災保険について


住宅ローン関連コラム



火災保険について

住宅ローンの申込と同時に行われるのが、火災保険の加入です。なぜならば、ほとんどの金融機関が火災保険を質権に設定するからです。

これはつまり、火災があった際には金融機関がまず保険金を受け取ってローンの残金を完済し、そこから余ったお金が契約者に返されるということです。

上記を聞くと金融機関にちょっと嫌な感じも受けますが、火災保険の加入自体は義務ですし、当然頼りになるものですので初めにしっかり考えましょう。


【チェックポイント】
■ 保険金額=保険価額の全部保険になっているか?
■ オール電化住宅割引やスプリンクラー割引などの割引制度があるか?
■ 契約期間や保険金額、火災が起こった場合の補償の範囲は適切かどうか?


地震保険についてもちょっと説明しておきます。
マイホームの災害としては地震による被害もありますが、これに対しては火災保険は対象外になります。つまり地震災害に備えるならば別に地震保険に加入しておく必要があります。

最近の火災保険には地震保険が付加されているものも多いですが、補償の範囲が火災保険に比べて狭いという契約もありますので注意が必要です。

(本サイトに掲載された文章および画像の無断転用・無断転載を固くお断りいたします。)

このページのTOPへ