今注目の住宅ローンを徹底紹介いたします。
フラット35

フラット35とは

フラット35とは

  • 「フラット35」は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した、
    最長35年長期固定金利住宅ローンです。
  • 長期固定金利住宅ローンは、お借入れ時に返済終了までの金利・返済額が確定していますので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
    また、借入の際の金利に基づき返済額が確定されるので、低金利時に借りると将来にわたりその金利に基づく返済額を確定する事ができます。
    また、フラット35は、全期間を通じて同じ金利のタイプのものの他に、返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」の固定金利型商品もあります。
    フラット35では、住宅について独自の技術基準を定め、物件検査を受けていただいています。
    併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しており、これらにより、住宅の質の確保を図れます。

フラット35

フラット35

フラット35のメリット

  • 最長35年の長期固定金利
  • フラット35は、最長35年の長期固定金利住宅ローンです。借入時に金利・返済額が確定されるため、毎月の同じ返済額で計画的な返済を行うことができます。また、低金利時に借りると将来に渡り、借入時の低金利に基づく返済額を固定することができます。
  • 保証料0円
  • 通常の住宅ローンで必要となる保証料が必要ありません。(保証人も不要)
    ※融資手数料、抵当権の設定費用、火災保険料等は別途必要となります。
  • 繰上返済手数料0円
  • 通常の住宅ローンで必要となる繰上手数料が必要ありません。また、ご返済中に繰上返済・返済条件の変更をされる際でも手数料は、必要ありません。
    ※一部繰上返済の場合は、繰上返済日は毎月の返済日となり、返済できる金額は100万円からとなります。
  • 独自の技術基準で住宅の質を確保
  • 通常、住宅を建てる場合には、国が定めた建築基準法に合わせて建築する必要があります。フラット35では、住宅についての独自技術基準を定め、物件検査を受けていただきます。併せて、新築住宅では建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しております。
  • 【技術基準の項目(新築住宅)】
  • 住宅の規模/規格
  • 断熱性
  • 耐久性
  • 維持管理
  • 【技術基準の項目(新築住宅)】
  • 設計検査
  • 現場検査
フラット35

フラット35のデメリット

  • 最長35年の長期固定金利
  • 借入時に金利が固定される為、将来的に金利が低くなった場合でも月々の返済額が減ることありません。
  • 借り入れまでの期間がかかる場合がある
  • フラット35では、民間住宅ローンと住宅金融公庫の審査という二つのクッションを挟む必要がありますので、通常よりも時間が長くかかります。
フラット35

こんな方にオススメ

  • 借入時の金利で毎月の返済額を確定させたい方
  • 将来の金利が上昇した際に、返済額が増加してしまうと返済が大変だと思われる方
フラット35

このページのTOPへ