今注目の住宅ローンを徹底紹介いたします。
変動金利型

変動金利型とは

変動金利型とは

  • 「変動金利型」とは、金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に
    金利が変動する住宅ローンです。
  • 原則として、半年に一度プライムレートの変更に応じて適用金利が変わりますので、金利の上下によって返済額が上下します。
    よって、高金利時に借りると将来金利が低下した場合は、それに合わせて返済額も下がりますが、低金利時に借りると金利の上昇により返済額も上がる為、借入時に将来の返済額を確定することはできません。

変動金利型

変動金利型

変動金利型の種類

「変動金利型」には「変動金利」と「上限金利特約(キャップ)付変動金利」があります。

  • 変動金利
  • 「変動金利」は、公定歩合や市場動向に連動して金利が変更します。
    年2回金利が見直されますが、5年間は返済額が固定される場合が多いです。
  • 上限金利特約(キャップ)付変動金利
  • 「上限金利特約(キャップ)付変動金利」は、上限金利が決まっているため、年2回金利が見直されますが、上限金利を超えることはありません。
変動金利型のメリット

変動金利型のデメリット

  • 変動金利
  • 将来、金利が低下した場合に返済額が減る
  • 金利が半年に1度見直されるため、低金利時期や金利が下降している時期には、低金利メリットを受けることができます。
  • 上限金利特約(キャップ)付変動金利
  • 安心の上限金利
  • 期間内は、設定した上限金利以上に金利が上がらないという安心感があります。
  • 将来、金利が低下した場合に返済額が減る
  • 金利が半年に1度見直されるため、低金利時期や金利が下降している時期には、低金利メリットを受けることができます。
変動金利型

変動金利型のデメリット

  • 変動金利
  • 将来、金利が上昇した場合に元金が増える
  • 返済額は5年間見直されないため、急激な金利上昇期には上昇した金利により増えた利息が元金に組み込まれ、元金が増えることもあるので、注意が必要です。
  • 上限金利特約(キャップ)付変動金利
  • 初期に設定される金利が高めに
  • 上限金利が設定されている分「変動型金利」よりもリスクは抑えられますが、初期に設定される金利は、高めとなります。
変動金利型

こんな方にオススメ

  • 市場動向に精通している方
  • 借入金額が比較的少ない場合
  • 短期のローンを組む場合(金利上昇期以外)
変動金利型のメリット

このページのTOPへ