今注目の住宅ローンを徹底紹介いたします。
借り換え

借り換えとは

借り換えとは

  • 「借り換え」とは、すでに、組んでいる住宅ローンを新たに組み直すことによって、
    借り入れを見直すことです。
  • 住宅ローンを組んでいる人が、もっと有利な条件や、より生活に合ったローンに新しく組み直す事によって、元のローンを全額返済し、新しく組んだローンで返済していけます。
    ただし、ただ借り換えを行っても元のローンより増えてしまっては、意味がありません。
    借り換えをする事で、より自分にとって有利になるかを見極めましょう。
借り換え

借り換えとは

住宅ローンの借り換えの重要なポイントは、「借り換えた時の支払の軽減」です。
この重要ポイントを押さえるには、借り換えの目安を知っておきましょう。

  • 借り換えの前後の金利差が1%以上ある
  • 住宅ローンの残高が1,000万円以上ある
  • 返済期間が残り10年以上ある。

以上が借り換えの目安といわれています。ただ、上記は、あくまで目安となります。
今は、どこで借り換えをするにしても、借り換えのシミュレーションを行えますので、
どの位得になるのかを試算し比較検討する事が重要といえるでしょう。

借り換えの目安

借り換えのメリット

  • 借り換え前の住宅ローンの返済額より借り換え後の返済額の方が減る
  • 返済総額の軽減
  • 月々の返済額の軽減
  • 変動のリスクを回避
借り換え

借り換えのデメリット

  • 住宅ローンの借り換えには手数料が必要となります。大きくは、下記となります。
  • 住宅ローン借り換えの取扱手数料
  • 住宅ローン借り換えの保証料
  • 住宅ローン借り換えの印紙代(金銭消費貸借契約書類に添付)
    固定金利選択手数料・印紙代(変動金利基本契約で短期の固定金利を選択時
  • 借り換え前の住宅ローンの完済手数料
  • 登記費用(借り換え前の抵当権解除・借り換え後の抵当権設定)
  • 司法書士報酬(手数料等)

※これらの費用は、金融機関によって異なる場合もありますし、
借り換えの金額、登記物件によっても異なってきます。

借り換え

こんな方にお薦め

  • 現在及び将来の収入では、将来の金利上昇による金利負担が不安な方
  • 現在及び将来の収入では、支払い金額が増えることが不安な方
  • 短期固定金利で申込みをされていて、金利上昇時に大きな負担が予想される方
  • 金利負担を減らすため、住宅ローンの残額をできるだけ減らしたい方
  • 毎月の支払い負担が大きく、生活が苦しい方
借り換え

このページのTOPへ